初めて消費者金融のブラックリストって何?

初めて消費者金融のブラックリストって何?

初めて消費者金融を利用していると良く耳にするブラックリストという言葉ですが、これはどのような状態を指す言葉なのでしょうか。
初めて消費者金融などでお金を借りた場合、必ず返済をする義務が発生しますし、借りたり返済したりした履歴は信用情報機関と呼ばれる場所に記録が必ず残るようになっています。
もしお金を借りてその返済を滞ったり延滞した場合、その情報も信用情報に記録されることになり、悪質な場合には金融事故として扱われることになります。
債務整理などを行なった場合も同様に信用情報には債務整理の情報が記載され、それは事故情報として残ることになります。
ブラックリストなるものは存在しませんが、そのような事故情報が履歴として残ることを意味しているのです。

こちら


このような状態になってしまった場合、最低でも5年間はその情報が信用情報から消えることは無く、新たなローンの利用は一切できなくなります。
もちろん現在使用している初めて消費者金融の利用も出来なくなるため、生活していく上では困難な状態になるかもしれません。
要するに社会的信用が無いという状態に陥ってしまうわけです。
ですから返済などはきちんと行う必要があるわけです。

専業主婦が初めて消費者金融からお金を借りるには

本来専業主婦は仕事を行っていないため、収入がゼロという状態です。
その状態で専業主婦が初めて消費者金融からお金を借りるにはどのようにすればよいのでしょうか。

こちら


初めて消費者金融の場合、貸し付けには総量規制という規制がかけられており、年収の三分の一以上の貸し付けを禁止しています。
年収の三分の一という規制があるわけですから、年収がゼロの場合には三分の一にしたところでゼロ以外にはならないため、専業主婦が借りることが出来る金額は0円ということになります。
もし専業主婦が初めて消費者金融でお金を借りたければ、配偶者貸付と呼ばれる方法を利用するとお金の貸し付けが可能になります。
これは生計を共にしている配偶者の収入を元にお金を借りる方法で、配偶者の同意があれば可能になる方法です。
ただし配偶者がすでに年収の三分の一程度の借り入れを行なっていた場合や、同意が得られなかった場合には借り入れが出来ない場合もあります。

こちら


もちろん本人確認や在籍確認は配偶者の元へ連絡が行きますから、専業主婦単独での申し込みは出来ません。

外国人が初めて消費者金融からお金を借りるには

お金を借りたいと考えるのはなにも日本人だけではなく、日本に滞在している外国の人もお金を借りたいと考えるのはごく普通のことでしょう。
外国人が初めて消費者金融を利用する場合、クリアしなければいけない問題があります。
最も問題となってくるのが在留資格の期間という問題です。
お金を借りるということは、返済という問題が出てきますから、在留期間が短い場合には借りたお金を完済する前に帰国してしまう恐れがあります。
もし帰国してしまった場合、残った債務の回収は非常に難しくなってしまうため在留期間があまりにも短ければお金を借りることは出来ないでしょう。

こちら


もちろん旅行などで短期間の滞在の場合も同様に融資は不可だと考えたほうが良いといえます。
在留期間に問題がなければ、日本国内で仕事を行っており安定した収入があれば初めて消費者金融の利用は可能になります。
その際に必要になってくるものは在留カード・特別永住者証明書といった日本に滞在している証明となるものです。
基本的に日本国内に居住しているということが審査の条件になっている場合が多いため、在留カードなどが用意できなければお金を借りることが出来ないわけです。
全ての初めて消費者金融で外国人の利用が可能にはなって居ませんので、申し込み前に外国人でも利用が可能かどうかを確認してから申し込みを行うと良いでしょう。



<<前のページへ   次のページへ>>