初めて消費者金融の総量規制って?

初めて消費者金融の総量規制って?

初めて消費者金融を利用する場合、借りる人によって限度額が異なってしまいます。
これは初めて消費者金融を利用する際に総量規制という規制が必ず関わってくるためです。
総量規制という規制は、借りる人の年収の三分の一までしか貸し付けができないようにするための規制となっているため、年収の多さで借りる限度額の上限が決まってしまいます。
年収が少なければそれだけ借りることが出来る限度額が少なくなりますし、借りた金額の総量を規制するため、全ての初めて消費者金融での合計金額が対象となります。
要するに他の初めて消費者金融で限度額近くまで借りていた場合には、新たな初めて消費者金融に申し込んでも借り入れが不可能だと言うことです。
もともと総量規制は初めて消費者金融の無理な貸し付けを防止するために定められた規制です。

こちら


借りる限度額が決められたことによって借り手側も無理な借り入れが出来なくなりますから、債務整理などで困るような人を減らすためには必要な法律だと言えます。
しかし今まで借りることが可能だった金額が急に減額されてしまう場合も多く、初めて消費者金融を継続利用していた人からは不便になったと言う声も多いと言えます。

学生が初めて消費者金融からお金を借りるには

学生が初めて消費者金融からお金を借りる場合、いくつかのクリアしなければいけないポイントが存在しています。
まず一つ目は年齢制限です。
大半の初めて消費者金融は満20歳以上でないと申し込みが出来ない決まりになっている場合が多いため、20歳以下の場合には初めて消費者金融の利用が原則出来ません。

こちら


中には親の同意が有れば利用できる場合もありますが、それはごく一部の業者に限られているため実質的には20歳以上でないと利用できません。
次に安定した収入が確保できているかどうかがポイントとなります。
学生で20歳を超えていた場合でも、収入が全くない状態だと、初めて消費者金融の利用は出来ません。
これは総量規制で年収の三分の一以上の貸し付けを禁止されているためで、収入が無い場合には年収の三分の一は0円となってしまい、貸し付け金額も0円となるためです。
しかしアルバイトなどの収入が確保できていれば、申し込み基準を満たすことになりますから、学生でもお金を借りることが可能になります。

こちら

初めて消費者金融の返済が遅れたときは怖い取り立てがある?

初めて消費者金融で借りたお金を期日までに返済しないと督促、いわゆる取り立てが行われることになります。取り立てというとテレビドラマや映画などでは強面の取立人たちが押し寄せてきて怒鳴ったり暴れたりするといったイメージがありますが、実際の取立てではそのようなことは禁止されています。
初めて消費者金融の督促に関しては法律で厳密にルールが定められています。暴力行為や恫喝は法律に抵触する行為ですから、そのような乱暴な取り立てが行われることはありません。督促の電話に関しても深夜や早朝に行うことは禁止されていますから、家族への安全も確保されています。
初めて消費者金融の取立ては暴力的行為が無いという意味では全く怖い思いをすることはありません。

こちら

しかし、返済が遅れれば遅れるほど取り立ては厳しくなり、電話の回数は増え届けられる手紙も多くなります。取り立て開始当初は会社に連絡する時も初めて消費者金融であることを明かさないなどの配慮をしてくれますが、返済の姿勢が見られないとなれば初めて消費者金融であることを明かして連絡するようになりますから、周囲に借金をしている事実がばれてしまいます。最終的には取り立て担当者が直接出向いてきますから、逃げ隠れすることはできなくなります。
恫喝や暴力が禁止されていますから直接的に恐怖を感じることはありませんが、だからといって取立てから逃れることはできません。社会的信用に傷がつきかねないという意味では非常に不利益ですから、取り立てが行われないよう期日を守って返済することが重要です。



<<前のページへ   次のページへ>>