サラ金からの借金は相続の対象になります

サラ金からの借金は相続の対象になります

自分がサラ金から借金をしている場合は基本的にどのくらいの額の借金があるかを把握しているので、困ることはそれほどあるわけではありません。

しかし親や兄弟などの家族がサラ金から借金をしていて、それを自分が返済しなければならなくなる場合があります。それはどのような場合なのかというと親や兄弟が亡くなって、相続が発生した場合です。相続とは亡くなった人の権利や義務を包括的に相続人が承継することを言い、借金などのマイナスの財産も相続の対象となります。

こちら


そのためできることであれば、自分だけでなく、親や兄弟などの家族がどのくらいの借金をしているのかを把握しておいたほうがいいでしょう。

そしてもしサラ金から借金をしている家族が亡くなって、自分がその相続人である場合はどのように対処をすればいいのかというと亡くなった人の権利や義務を一切相続したくない場合は家庭裁判所に相続放棄の申述をすることによって最初から相続人ではなかったことになるので、相続しなくて済みます。

こちら

また相続する財産の額を限度として返済する責任を負うことになる限定承認をするという方法もありますが、これは相続人全員で手続きをすることになります。
また亡くなった家族が借金はあるもののそれ以上のプラスの財産があれば相続の単純承認をして、相続財産から借金を返済すれば問題ありません。

クレジットカードの現金化って何?

最近ではクレジットカードの現金化ということがよく問題になっています。

こちら


やはり、お金に困ったときに、サラ金を利用するのは気が引けるけど、クレジットカードのショッピング枠が現金になったらいいなあ、と考えてしまう人が多いということです。
しかしながら、クレジットカードの現金化は絶対にやってはいけません。
事実、クレジットカードの現金化を業務内容ににしている業者がいくつも、貸金業法及び出資法違反で摘発されています。

業者ではなく、クレジットカードを現金化を行なう利用者のほうにも、その違法性が指摘されています。

こちら


横領や詐欺といった違法性が認められる可能性があるということです。
さらに、破産法でいうところの免責不許可事由にも該当しうるといわれています。
また、当然、クレジットカードの規約違反にも該当します。カード会社にもよりますが、カードの利用停止、あるいは会員資格剥奪などの規定がなされています。

このようにクレジットカードの現金化というのは、たとえそれを助長する業者がいたとしても、手を出してはいけません。



<<前のページへ