信用情報機関のブラックリストとは

信用情報機関のブラックリストとは

サラ金でお金を借りる際に気をつけておきたい事が、きちんと計画的に無理のない範囲で返済していけるかどうかという点です。

もしも万が一定められた期限までに返済できずに延滞し、それが長期にわたるようであれば信用情報機関に事故情報として登録されます。
また債務整理をした場合でも同様に事故情報として記録されます。

信用情報機関に事故情報として登録されれば、ほぼ全ての金融機関からお金を借り入れすることができなくなるのはもちろん、クレジットカードの作成や住宅ローン・自動車ローンなども組むことができません。

この事故情報に登録される期間は永久ではないにしろ、5年〜10年と長期にわたり掲載されると言われています。

こちら



また返済トラブルのあったところであれば、場合によっては永久的に利用することができません。

このように返済トラブルなどを起こして信用情報機関に事故情報として登録されるとその後厄介なペナルティを課せられる事になります。

実はブラックリストなど存在はしません。事故情報として記録が残り他からの借入ができない、という文言が変化し、ブラックリストに載っているから借入できない、となったのです。

こうしたことを未然に防ぐのであれば、借りたお金はきちんと返せるように事前に返済シミュレーション等を行い、計画的に返済していくことが重要です。

こちら

サラ金の限度額をアップする際に審査されることは何か

サラ金からの借り入れの限度額をアップするためにどうしたらいいかを考えると、サラ金が限度額アップする際に何を審査するのかを考えることが近道といえます。
サラ金が限度額アップの審査で重要視するのは前の契約をしてからの状況がどうかということです。
その中でも最も重要視されるのは返済状況です。前回の借り入れののち、遅れることなく返済をしているかどうかです。その返済の際に毎月最低返済額よりも少しでも多く返済していれば増額審査に通過する可能性はより高くなります。もちろん、前回の契約からあまりにも短い期間に増額を請求していないということも重要です。

こちら


もう一つは個人信用情報を照会するなどして、他社からの借り入れが大きくなっている場合などには増額は難しくなります。
要するにサラ金は限度額の増額をしても返済能力があるかどうかを審査するのです。もちろん、増額してもサラ金ですから総量規制の範囲以上にアップされることはありません。

サラ金の取り立ては怖いってホント?

サラ金の返済に遅れてしまうと怖い人たちがやってきて厳しい取り立てが始まる、そんなイメージを持っている方は少なくないのではないでしょうか?
確かにサラ金の取り立ては厳格です。しかし、決して怖い取り立てが行われることはありません。サラ金の取り立てについては法律で厳格に規制されており、債務者の生活を壊したり安全を脅かしたりするような取り立ては禁止されています。

こちら

法律に基づいて営業しているサラ金からお金を借りている限り、怖い取り立てが行われる心配はありません。
ただし、取り立てが怖くないからといって甘く見てはいけません。暴力的な取り立てや恫喝行為などはありませんが、取り立てが厳しいことに変わりはありません。初期段階では会社に知られないようにするなど債務者の生活に配慮した取り立てが行われますが、いつまでも返済の意思が見られなければ取り立てはさらに厳しくなります。
周囲に借金の事実がばれてしまったり職場に迷惑をかけてしまうこともありますから、暴力や脅迫に相当する怖い行為はなかったとしてもそれ以上に厳しい取り立てが行われることになるでしょう。



<<前のページへ   次のページへ>>