総量規制に関係なくキャッシングするなら銀行系のローンカードが得策す。

総量規制に関係なくキャッシングするなら銀行系のローンカードが得策

先日地銀でローンカードを発行してもらいすぐに40万円キャッシングしました。その時目にした銀行のパンフレットとに「銀行のカードローンは改正貸金業法による総量規制の対象外です」と書いてありました。総量規制とは何だろうと思いました。それでちょっと調べてみました。その内容は次のようなことでした。

この改正貸金業法は2010年6月18日に施行されました。改正の目的は、貸し過ぎや借り過ぎを防ぐためです。総量規制は貸し出しすぎないように規制するというもので、対象となる人は次に該当する人です。1.個人で借り入れをしている人2.年収の3分の1以上の借り入れをしている人3.ノンバンク系のサラ金でキャッシングをしている人。銀行のパンフレットに書いてあるように銀行のローンカードでのキャッシングは総量規制の条件に縛られないということです。

こちら

つまり銀行系以外のサラ金でお金を借りている人は、銀行あるいは銀行系のローンカードに乗り換えることができたならば、年収の3分の1を超えても消費者はキャッシングをすることができます。

銀行系とは銀行と大手専業サラ金会社が合併したサラ金会社のことです。新生銀行のカードローン「レイク」や「シンキ」、「モビット」、「アットローン」など幾つもあります。銀行系サラ金のメリットは、次の4点です。「総量規制の対象外である」、「融資限度額が高い」、「相対的に低金利」、「銀行の名前がついているので信用度が高く安心感がある」ことです。ただローンカード発行の審査基準はややハードルが高い。

サラ金で詰まってしまってから申し込むのではなく、一番最初に銀行あるいは銀行系のカードローンに申し込むのが得策のようです。

多重債務状況に陥っていると思ったら、過払い金の可能性が!?

本来、過払い金とは、高すぎる金利が原因でおこるものです。

こちら

改正貸金業法以前の金利は、撤廃されたグレーゾーン金利にあてはまることが多いのも事実ですから、長期にわたって取引が続いていて完済していない借り入れは、過払いが生じている疑いが大いにある、といえます。確かめるだけでも意義のあることだといえます。

特に、古い取引の債務は、現在も返済を続けている場合に限って、現在も継続している取引として、15年という時効を適用しないで過払い金の請求ができます。もし、完済してしまった場合は、最長で15年前までしかさかのぼっての請求はできませんから、古くから継続している取引は、早めに事実確認を行って、過払いの存在の有無だけでも調べておかないと、気付いた時には時効、という状況にもなりかねません。すぐにでも、取引履歴の開示を行っておく方が無難です。

こちら



調査の結果、過払い金が発覚した場合は、早急に内容証明郵便で過払い金の返還請求を行うとともに、返済をストップして、それ以上の支払いはしないようにします。内容証明はネットでもいろいろな見本がありますし、自分で作る自信がなければ、司法書士さんなどに依頼して行うと良いでしょう。

プロミスはインターネットから融資の申し込みができる

プロミスは三井住友銀行グループのサラ金会社です。融資を申し込む場合には直接店舗まで出向く以外にもインターネットから申し込むことができます。今まで融資を受けたくても人の目が気になって来店することができなかった人でも他人の目を気にすることなく融資を受けることができます。

インターネットでの申し込み方法はまずパソコンでプロミスのホームページにアクセスして氏名、住所、電話番号などの個人情報を入力して申し込みボタンをクリックします。パソコンになれている人なら数分で終了しますし、初心者の方でも分かりやすい入力画面になっているので間違う心配は少ないと思います。

こちら

もし分からないことがあってメールで質問することができるので安心です。

もうひとつ融資の申し込みには本人確認書類が必要になります。免許書などをコピーしてプロミス宛に郵送するという方法もありますがそれだと到着するまで時間がかかります。なのでここでは免許書などの本人確認書類をスキャナーでパソコンに取り込みます。取り込んだデータをプロミス宛のメールアドレスに送信します。スキャナーを持っていない場合は携帯電話のカメラで写してプロミスのメールアドレスに送信するという方法もあります。これで申し込みは終了しました。

後は審査が無事終了すれば自分の指定した口座にお金が振り込まれているはずです。

このようにインターネットを利用すれば来店することなく融資の申し込みをすることができしかも短時間で手続きは終了します。



<<前のページへ   次のページへ>>