学生時代からの借り入れ

学生時代からの借り入れ

初めて借りたのは大学3年生の時でした。母が病気で長いこと入院していたので家計はいつでも苦しいものでした。

自分の下にはまだ2人弟がいて食べたい盛り、遊びたい盛りで出る所も多く会社を経営していた父も一人では支えきれない状況だったのです。

自分も学費を稼ぐためにあちこちバイトに励みましたが、家計の少し足しになるくらいでした。

弟達も自分達の分は自ら稼ぐ努力はしていましたが高校生や大学生のアルバイトなんてたかがしれた金額です。

そうしているうちに父の不動産会社も不景気の波にのまれ廃業寸前までになってしまいました。

しかし弟は来年大学に行くつもりでいたので入学費用やらばか高い教材の費用等の工面が必要になりとうとう初めて消費者金融に借りることにしました。

有名所をあたってみて自分でも驚いたのですが、1社だけではなくて3社も借りれてしまったことです。

こちら

まだまだ学生で社会的地位も何も無い自分に借り入れできた金額は130万円と高額なものでした。

契約のときに使い道を聞かれますが学費ということで信用があったのかもしれません。

初めて消費者金融でお金を借りて一番つらくなってくるのが返済です。

自分も社会人になって自分の稼ぎがほとんど借金の返済にあてなければならないことが苦痛でたまりませんでした。

飲み会も誘いおすべて断ってやっと返済し、家族も皆自立できたと思った心の余裕がいけなかたのかこれが初めて消費者金融の恐ろしさなのか自分にあまいのがいけませんでした。

初めて消費者金融にまたかりてしまったのです。

今度は自分のほしいものの為に使ってしまい、返済もずるずる続けています。

一度返済した過去があると割合スムーズに借りられる所が恐ろしいところです。

こちら



一日も早く返済したい所です。

初めて消費者金融の上手な利用方法について

急に予定外のお金が必要になった時に、審査が早い初めて消費者金融は非常に便利な借り入れ方法と言えます。また、24時間ATMが利用出来て、借り入れや返済の手段にさまざまな方法が選べるというのも初めて消費者金融の大きなメリットと言えます。

しかし、その便利さゆえに、ついつい使いすぎてしまい、気づいた時には返済が大変な状態になってしまうこともあります。

返済額が月収の30%を超えると返済が大変になりますので、まずは計画的に利用することによって、無駄な借金を作らないことが大切になります。

また、金利は初めて消費者金融によってさまざまですので、現在借りている金利よりも低い金利のところで借り換えをして、返済していくという方法もあります。

こちら

多少の金利の違いでも、金額が大きくなれば、総支払額にも差が出て来ます。

あとは、初めて消費者金融は利息が日割り計算で行われますので、早く返済すればするほど支払額は少なくて済むことになります。したがって、お金に余裕が出来た時は、まず借金の返済を優先していく、といった気持ちを持つことが大切です。

メリットの多い初めて消費者金融ですが、利用の際には借りすぎに注意する、返済は早めに、といったことを頭において、上手に利用するようにして下さい。

大手銀行系列だから安心のカードローン

申し込みも、TV窓口の他に

24時間365日いつでもインターネットから申し込みが出来る様です。

結果も最短で即日!!迅速にお知らせしてくれますので

時間がない時も安心です。

金利も年4.6〜14.6%と安心の低金利。

最大500万円迄の融資が可能との事なので

自分の用途に有った借り入れが可能です。

こちら



返済も東京三菱UFJ銀行のATMは勿論の事

コンビニATM(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート)

からでもOKなので、地方在住で近くにこちらの銀行のATMが無いという

方でも大丈夫です。

以前は困った時の借入先は

初めて消費者金融位しか無く、高金利で借り入れするしかありませんでした。

何といってもこちらは安心の大手都市銀行のカードローンですから

そうした心配も無く安心して借り入れる事が出来ますね。

冠婚葬祭など、社会人に成れば誰でも急な出費は付き物です。

そんな時、大変力強い味方に成ってくれるのがこちらではないでしょうか。

備えあれば憂いなし!

いつなんどきの為にも『バンクイック』要チェックですね。



<<前のページへ   次のページへ>>