初めて消費者金融のサービスについて

初めて消費者金融のサービスについて

初めて消費者金融について書きたいと思います。

初めて消費者金融系カードローンのプロミスについてです。

プロミスは大手初めて消費者金融会社です。三井住友フィナンシャルグループの一員で、社名はSMBCコンシューマーファイナンス株式会社になりました。

プロミスはブランド名として引き続き使われています。

最近のTVコマーシャルでは、女優の相武紗季さんを起用し、柔らかいイメージするコマーシャル展開を図っています。

このプロミスの特徴をまとめてみたいと思います。

まずはプロミスのご利用が初めての方であれば30日間の利息が無料な点です。

無利息期間内であれば、追加借り入れであっても無利息が適用されるのはうれしい点ですね。もしも、プロミスで初めてキャッシングをするのであれば、是非利用したいサービスです。

では、プロミスではいくら位まで借り入れることが出来るのでしょうか。

こちら



プロミスの最大融資金額は300万円です。この位の貸出枠が有れば十分なのではないでしょうか。

でも、利率が高かったら大変と思っていらっしゃる方もいるのではないでしょうか。

気になる借入利率ですが6.3パーセント〜17.8パーセントです。

この金利なら安心してキャッシングすることが出来るのではないでしょうか。

借りられる対象が狭いのではとご心配の方もいらっしゃるかもしれません。

プロミスでは20歳以上、69歳以下で安定した収入があれば申込可能です。社員でなくても、アルバイトやパートで安定した収入があるのならば、お申し込みが可能です。

借金にまみれた後輩

最近学生時代、弟のように可愛がっていた後輩が、久しぶりに会いたいというので会ってみると、深刻な相談をうけました。

こちら

後輩は複数の金融会社から融資を受けて借金まみれになり、返済に苦労していたところ、会社を解雇されて返済することができなくなり、にっちもさっちもいかなくなっていたのでした。

月々の返済額は約50000円。これを職に就いていないものが返していけるわけはありません。結局延滞してしまい、遅延損害金も付与されていよいよ追い詰められていたのでした。悲痛な表情で助けを求められ、私は後輩を助けることとしました。

私は学生中からFXのデイトレーダーとして稼ぐことを始め、卒業してからもデイトレーダーとしてやっていました。最近ではアベノミクスの効果で非常に大きな利益を得ていたので、後輩の借金くらい肩代わりしてやって全く問題ないと思いました。私は後輩を連れて初めて消費者金融に必要な額を入れてやりました。その額は約200万円。それに加えて後輩の再就職までの当面の生活費として、100万円をやりました。

こちら

しかしまた後輩が落ちぶれていくのではないかと心配もし、今は我が家に居候させて立ち直りの面倒を見ています。

久々に合った後輩は非常にやつれて生気がなく、借金はここまで人を駄目にしてしまうのかと思いました。後輩にも色々と事情があったのでしょう。深くは聞かずに面倒をみてやるだけです。そして立ち直った後輩が、社会の役に立って働いてくれればそれでいいと思っています。

初めて消費者金融の初めて消費者金融は、本当に「即日」か?

詳しく調べてみると、「まったくの誇大広告ではないし、間違ってはいないけれど、即日のためには一定の条件がある。」という方が正確に事実を示しているといえそうです。

まず、初めて消費者金融を受けるためには時間帯が重要です。初めて消費者金融は原則的に指定口座への振り込みによる取引がほとんどなので、午後の申し込みの場合は、金融機関との兼ね合いで、翌日融資になってしまう可能性があるからです。

また、金額については、最大50万円程度が上限となっていて、それも、年収が借り入れたい金額の3倍以上、更に他の初めて消費者金融から借り入れがない場合という条件が付きます。

こちら

貸金業法の改正で導入された総量規制によって、年収の1/3以上の借り入れはできなくなっていますから、これらの条件をクリアできない場合は、自動的に借りられる金額は減るとみてよいでしょう。

更に、審査の問題もあります。

もし、無職であったり、専業主婦で無収入であったりする場合は、基本的に申し込んでも審査を通過できない可能性が非常に高いと思われます。パート収入や派遣労働の場合でも、正社員よりは厳しいといわれているようです。

一方で初めて消費者金融は金利が高いことも知られています。広告などでは最低金利を大きな文字で印字してあるため、そちらが適用されるようなイメージですが、実際は特に初めての取引の場合、もっと高い金利が適用されます。こうした点も利用を検討する際に、十分頭に入れておくべきことだといえます。



<<前のページへ   次のページへ>>