初めて消費者金融の融資までの流れ

初めて消費者金融の融資までの流れ

初めて消費者金融業者では融資対象者の条件として20歳以上で一定の収入がある人。としているのが一般的です。さらに業者によっては、20歳以上69歳未満などかなり細かく年齢制限を設けているところもあるようです。信販系カードローンなどは、18歳以上を対象としている場合も多くあります。

融資を受けるには、基本的にはまずカードを発行してもらう必要があります。発行の申し込みは、窓口・無人契約機・インターネット・電話などで行うことができます。

申し込みをおこなうと、業者側で審査がおこなわれます。

こちら

その結果が利用者に通知され、審査に無事通った場合み、カード発行となります。

申し込み手続きをおこなう上で必要なものは運転免許証が最も一般的ですが保険証・パスポートなど本人確認ができるものであれば問題ありません。そしてもう1つ必要なのが印鑑です。

これらの流れで手続きを行いますが、手続き開始からカード発行に要する時間は、業者や申し込み方法によって様々です。

小口融資の専門といえる初めて消費者金融業者はかなりの短時間で融資までが終わるようです。

こちら

ほとんどの場合は、問題がなければ申し込み当日にカードが発行されます。さらに、当日中に自分の口座に振込が完了する業者もあります。

初めて消費者金融と問題点 

どの初めて消費者金融会社でも初めて消費者金融は初めて消費者金融です。それはイメージの悪いところや、テレビなどでよく知られている会社でも金利が高いものには違いありません。総量規制案でも借入総額が年収の3分の1を超えている場合では、それ以上の借入は行えないとなってはいるものの、すでに借りている人たちの中でも大半の人たちが多重債務に陥っているといえるのです。

こちら



もし、その人たちが新規に借りることができない場合、「ヤミ金」に走る可能性が高くなってしまうのです。この法案では多重債務に歯止めをかけるもののはずなのにヤミ金の利用者が増えてしまってはなんにもなりませn。

営利目的として運営されている初めて消費者金融では、総量規制で各社の経営そのものが相当厳しくなってくるといわれています。ただヤミ金融だけが喜んで債務者も金融機関にしてもマイナスになってしまうのです。そして、国民にローンについても教育という段階で多重債務者が増えることを防がなければいけません。今のままでは「国民は借金についてあまりにも無知である」ということでしょう。

こちら

借金をすれば複利効果というものが働きます。それで、延滞したり借金で借金を返すような多重債務というような状況になれば、まさしく雪だるま式に借金が増えていきます。そのような状態から抜け出すには、生活サポート基金が行なっている生活再生資金融資があります。年利12.5%という低金利での貸し出しで、年率20%の初めて消費者金融からの多重債務を1本化することで、借金地獄というものから抜け出すことができそうです。しかし、審査も厳しく家族の連帯保証人も必要です。毎月の家計簿の提出やコンサルティングなど徹底指導されるということもあります。



<<前のページへ   次のページへ>>