初めて消費者金融の審査方法って?

初めて消費者金融の審査方法って?

初めて消費者金融を利用しようと思っている人の中には、各初めて消費者金融がどのような審査方法をしているのか気になるという人もいると思います。
審査方法は各初めて消費者金融によって多少の違いがありますが、基本的にはほぼ同じ。
審査方法の中でもとくに重要視されるものを紹介したいと思います。
まずは年収。
基本的に収入が全くない人というのは審査に通りません。
ある程度の年収が必要になります。
具体的な金額は各初めて消費者金融によって若干の違いはあるようですが、基本的に100万円ほどは欲しいところ。
ただし、年収が低いと総量規制により借りられる金額が少なくなってしまう場合があります。
次に勤続年数で、収入が安定していない場合も審査通過は難しくなります。

こちら


多少年収が低くても勤続年数が長ければ審査に通過しやすくなります。
最低でも1年ほどは勤続年数は欲しいところです。
最後に、金融履歴です。
過去に金融ブラックになっているだとか、現在もほかの初めて消費者金融で借り入れがある場合は審査が通過しにくくなります。
逆にこれらがクリアであれば審査には通過しやすくなります。
初めて消費者金融の審査方法は、その人の信用度をチェックするものです。
どの初めて消費者金融でも大きな違いはないので自分が利用しやすい初めて消費者金融で審査をしてもらうのが良いでしょう。

初めて消費者金融の取立てが怖い

初めて消費者金融を利用してみたいのだけれど、もしも借金を返済できなかった場合に初めて消費者金融からの取り立てが怖いと思って利用を躊躇している人もいるかもしれません。

こちら


実際のところ、初めて消費者金融で怖い取り立てのようなものはあるのでしょうか?
結論から言うと、怖い取り立てのようなものは皆無とは言えませんが基本的にはありません。
怖い取り立てがあるとしたら、それは一部ヤミ金だけです。
大手初めて消費者金融でそのような怖い取り立てをするところはありません。
しかも、万一怖い取り立てをしてくる場合は、それは完全なる違法です。
国の法律で「業務従事者による威迫等の禁止」という項目があるので、もしもそのような行為をしてくる場合は警察に通報すれば逮捕されてしまうのです。
ですから安心して初めて消費者金融からお金を借りることができます。

こちら


ただし、お金を借りる場合はしっかりと返済できるように計画を立てておくことが当たり前です。
取り立てを怖がる必要はありませんが、もしも初めて消費者金融を利用する場合は期日までに返済するという義務はしっかりと守りましょう。

初めて消費者金融からの借金に時効はあるの?

同じ初めて消費者金融業者からお金を借りても、人により、また状況によって、5年で借金を返さなくてよくなる、つまり消滅時効を迎える人と10年過ぎないと時効にならない人がいます。
初めて消費者金融業者のように、人にお金を貸して儲ける目的の会社からお金を借りた場合は通常、商法第522条により5年で消滅時効を迎えます。
最後に借り入れや返済をした日から、5年間何もしなかった場合にはお金を払う必要がなくなるのです。
ところが、初めて消費者金融業者との関係で次のことがあった場合は期間の計算をしなおす必要が発生したり、時効までの期間が増えてしまいます。

こちら


借金があることを認める場合を債務の承認といいます。
お金を実際に返さなくても、契約書を作り直す場合がこれにあたります。
この場合、債務の承認をした日からまた5年間過ぎないと、時効になりません。
初めて消費者金融業者から裁判を起こされ、その結果が出た場合は、民法第167条第1項により10年が時効の期間になります。
支払督促や訴訟で判決が出ている場合には、10年経たないと時効にならないと考えてください。
一方、同じ金融機関でも、銀行ではなく、信用金庫や労働金庫、信用協同組合などのように、会社ではない金融機関から借りたお金の債務は最初から10年が時効の期間であることにも、気をつけておきましょう。



<<前のページへ   次のページへ>>