初めて消費者金融の限度額をアップするには?

初めて消費者金融の限度額をアップするには?

初めて消費者金融の限度額をアップするためには、増額申請とよばれる申請を行う必要があります。
増額申請を行い、金融業者側で問題なしと認められれば、現在の限度額からさらに利用できる額をアップさせることが可能になります。
しかし増額申請は誰でもすぐに行うことが出来るわけではなく、利用している初めて消費者金融での利用実績、返済実績を積む必要があります。
全く利用していない状態であれば実績が全くないため増額申請を行っても却下されてしまう可能性が極めて高くなります。
どれくらい実績を積めばいいかは業者ごとに異なっているようですが、最低でも半年程度の実績を積まなければ増額申請は行なえないと考えたほうが良いでしょう。

こちら


初めて消費者金融での増額申請の場合、総量規制も大きく絡んできますから、年収の三分の一を超える増額は出来ません。
増額申請を行ってもし却下されてしまった場合、その情報は信用情報に残ることになりますから、短期間に何度も増額申請を行ってしまうと、最悪の場合カード利用を止められてしまう恐れもありますから、増額する場合には注意したほうが良いでしょう。

初めて消費者金融から借りていると住宅ローンに影響ある?

住宅ローンの借り入れは高額なため、かなり細かく審査されます。
初めて消費者金融の借金は審査に多少なりともデメリットになることは確かです。
完済をしていればまだよいですが、返済の延滞があったり、数社の初めて消費者金融から借りていたなどの経験があると審査に影響はあります。

こちら


現在も返済中かどうか記入しなければいけませんし、黙っていてもバレますので正直に書くべきでしょう。
クレジットカードでの引き落としでも尋ねられることもありますので、それだけ住宅ローンの審査は慎重に行われるということです。
だからといって初めて消費者金融で借金をしたから、まったく住宅ローンが組めないということはありません。
頭金を返済に回して借入金を小さくするなどの対策をしましょう。
個人信用情報機関の履歴は5年ですので、完済が5年以上前に行われていたら住宅ローン審査には問題はありません。
もちろん延滞や自己破産などの事故が無い場合です。

こちら


事故があると10年は情報が残ります。

初めて消費者金融の無人契約機とはどのようなもの?

無人契約機は大手初めて消費者金融が展開している、契約スペースに設置されている機械で、キャッシングの新規申込みを受け付ける機械の事です。
融資契約という機微情報を扱う性質上、出来るだけ人目に付かず、対話の頻度を減らすというニーズに応じて生まれたシステムです。
この自動契約機の使い方はとても簡単で、電子パネルによる操作で融資申し込みを行います。自動契約機という名称から、どうしても機会による判定とオートメーションによる審査を想像してしまいがちですが、実際には通信端末と考えた方が適切です。申込み手続きや具体的な審査などは、カメラの映像や入力データを受け取った、融資担当者が遠隔で行う形になります。

こちら

その為、完全な自動機械などと違い営業時間が設定されており、会社が営業していない場合は融資を受ける事ができません。
とはいえ、便利な機械である事に違いはなく、審査確認が取れれば即日でカードを受け取る事も可能ですし、申込みは自宅などのネット端末で行い、カードと本契約だけを自動契約機で済ませるなど多彩な使い方が可能です。
この自動契約機に関してよくある間違いに、無人契約機を銀行のATMと混同してしまう点が挙げられます。確かに形状は似ていますし、電子パネルで操作するという点では同じなのですが、ATMは契約後の出金などを担当している点に比べて、自動契約機は主に申込みと契約締結までの流れを担当します。最も、現在では大抵の場合はATMが併設されている為、神経質に区別する意味は失われつつあります。



<<前のページへ   次のページへ>>